« 野川公園の曼珠沙華 2018 | トップページ | 望む未来にするために必要なこと »

2018年9月24日 (月)

優花、Amy、JustMonkey、平山ナミ、松尾瞳、さわいはるな、榎本有希

9月6日木夜
優花都雅都雅

好き
僕のうた
AllinAllって言うたのかなあ。聴かせてもうたことある歌かどうかわからん。
十年前の私へ
優しい花

これは定期的ななライやな。
割かしベテランのフォーク、弾き語り、ロックなどの男性アーチストが多い中に紅一点みたいな感じで出るやつやな。
だからよけいに若さ可愛さ声の美しさが際立つ笑。
落ち着いた雰囲気の中でじっくり聴かせてもらえた。
ほんまのピアノであることもここの値打ちのひとつやな。
超常連のお2人も、京都の方ではないのだと思うが、ちゃんと来てはって安心笑。

9月8日土
1400Amyバナナホール
1430JustMonkeyZeela

ファンク系のサーキットフェスちゅうか、この2か所だけやったやろけど共通リストバンドで自由に出入りするやつやった。
まだ若いからか、この2組が各会場のトップバッターやったかな。
Amyが終わると共通のファンは大移動。距離が近いので両方とも全曲をちゃんと聴けてよかった。
といっても実はAmyには少し遅刻したのだが、なんとかもぐりこんで、ちゃんりお前の定番位置の2列目くらいで、ジャスモンは速攻で移動したので最前で聴けた。
甲乙付けがたいな。
ファンクもジャズもようわかっとらんわしの印象では、Amyのんがよりファンクな気はする。
ジャスモンのんがジャズやロックが入っとる気がする。
しかしこれは全くアテにならんし、そもそも分類はどうでもよい笑。
聴いてよかったらよいのだ。

1630
平山ナミイオン京橋

ガール
笑ってすごそう新版
今日をありがとう
路上の歌弦版

さっきのファンクがあったので14時の回は行けなかったが片方行けてよかった。
安心の理事長節やな。

9月9日日朝930
成田へ向けて出発、シンガポールとチューリヒを経由してジュネーへ。
9月15日土夜明け前に宿を出発、列車でチューリヒへ、チューリヒからシンガポールを経由して羽田へ。
9月16日日深夜に羽田に着。宿泊。
9月17日月祝
昼過ぎ
優花中央南口やったか北口やったか


瞳をとじて
最後の言葉
FirstLove
未来予想図
僕のうた
瞳をとじて
FirstLove
僕のうた

過酷な旅の末に前夜遅くに羽田に着いて泊まり始発で自宅に戻ってを見ていたら路上やるちゅうので来てしまった。
やっぱ最愛の人やからな。顔見て安心した。

9月20日木1930
松尾瞳、さわいはるな梅田Always

フレンズレベッカ(1985年10月21日)
今すぐKissMeLINDBERG(1990年2月7日)
どんなときも槇原敬之(1991年6月10日)
部屋とYシャツと私平松愛理1992年3月21日)
接吻ORIGINALLOVE(1993年11月10日)
ダンシングヒーロー荻野目洋子(1985年11月21日)
DESIRE中森明菜(1986年2月3日)
ChooChooTRAINZOO(1991年11月7日)
Forget-me-not尾崎豊(1985年11月28日)
あ無情アンルイス(1986年4月21日)
ジュリアに傷心チェッカーズ(1984年11月21日)
決戦は金曜日DREAMSCOMETRUE(1992年9月19日)
DiamondsPRINCESSPRINCESS(1989年4月21日)
おどるポンポコリンBBクイーンズ(1990年4月4日)

わしが23〜32歳の時の歌やな。
これ以上新しくなると社会人生活が本格化して歌番組を見る暇がなくなったわしにはわからないので、わしにとっては最適な時代選択をしてくれたわけだ。最高に楽しいライだった。
この中で生でご本家の歌を聴いたことがあるのは渡瀬マキさんだけやな。
現役時代ではなくて、育成してはる後輩の集客のためにラゾーナ川崎のミニライのゲストとして歌わはった41歳のマキさんやったけどな。
それでもめちゃきれいやったな。
久に歌って脚つったらあかんちゅうて出番前に超入念にストレッチしてはって、こない炎天下やとこの子は若いからええけど私みたいなおばさんはすぐシミできるからもう帰りまっさちゅうて去って行かはった。
カッコよかったなあ。
ビッグな中ではわしの最愛の人や。

ちゅうことも思い出させてくれたありがたき懐かしのヒット曲オンパレードでしたな。
曲によっては多少振付みたいな腕振りみたいなんする瞳さん素敵だった。
バブル期の感じを出すということで、いつもすっぴんに近いはるなさんがくっきりめのメイクをしてはったのもきれいやった。
こういう歌謡曲でも、ドラムちゅうのは大事なもんやなあ、ちゅうことがよくわかった。
めちゃ効いとったもんな。
どんな曲でも歌いこなしてしまう瞳さんもさすがやな。
やっぱわしの最愛のボーカリストや。

これの前日に同じ会場であったさいめんちゃんとウズラ君のライは時差ボケで不眠の日が続いていたために欠席してしまったが、
この日は店員さんをしていたさいめんちゃんはとてもかわいかったな。
9月22日土
1410
さわいはるな神戸ハーバーランドumie2光の広場

これはおたまトリオちゅうやつやったんかな、ベースと鍵盤が男性での3人組のやつやった。
これもジャズなんかな。落ち着いた感じやったな。
すっぴんのはるなさんに戻っていた笑。

終わってから会場隣接の焼肉屋で飯食った。
壁が全面ガラスで外が見えたので、実は終演後のはるなさんの様子を見ていた。
気づかれてなかったと思う笑。
相変わらず、ファンや関係の人たちに、とてもとても礼儀正しくにこやかに話やご挨拶をしていた。
ほんまに感じのええ人やな。
最愛のドラマーや笑。

16時頃
平山ナミ中央南口

この日は14〜16時の予定ということで、わしが着いた時はちょうど終わったところだった。
外国人の若い男性がナミちゃんに話しかけていたのが見えたので、これは行くべきやな思てそこへ行った。
100回暴言を吐く間に1回くらいええことせなあかん笑。
会話の通訳をしたわけではないが代わりに彼の話を聞いて応えてあげた。
ナミちゃんの名前を控えたいということだった。ゆうつべで聴くためや。
手帳にローマ字で書いて見せてあげた。
ブログもつぶやきもありまっせて言うといた。
日本語の歌を聴いてこれからもこの歌手の歌を聴いてみたいと思ってくれるなんて、すごいことやぞ。

で、ナミちゃん、終わったはずだったが、今来たわしのためにもうワンステージやってくれた。
ありがたき理事長様。

この空に歌ったら
あなたのままで
路上の歌

この3曲が終わったら、が何枚か売れた。
わしが遅れて来たおかげや笑。

1900
榎本有希高槻JKCafe

ドラムとベースが男性で鍵盤の女性とのいつもの4人組のやつやった。
ジャズもあればそうでないのもあったらしい。
microwaveの豪快な演奏と違って落ち着いた感じ。
コーヒーとアイスクリームとともに45分2ステージ、ゆっくり聴けてよかった。
髪が伸びて来て本来の姿に近づいてきて大変うれしい。
ほんまに素敵な人やな。最愛や笑。

9月23日日
1430、1530
平山ナミなんばヤマダ電機2

START
チョコチョコチョコレート
この空に歌ったら
大丈夫原版
ガール
時間がない
あなたのままで
路上の歌弦版

大丈夫で泣いた。やっぱ原版はいい。
魂があった。

« 野川公園の曼珠沙華 2018 | トップページ | 望む未来にするために必要なこと »